手組みホイールが出来るまで(10): 組み立て作業・後輪&完成 [手組ホイール]

前回の前輪の組み立てで得た要領で、いよいよ後輪の組み立てに挑みます。

IMG_6650.JPG

後輪はちょっと難しいです。

 

オチョコ組み

前輪はリムからハブまでの距離が、左側と右側共に等距離に組みます。
つまり、左右のスポークの長さとテンションが同じになります。

一方、後輪は「オチョコ組み」と言って、左右非対称のスポークの張り方をします。
これ↓が、ORBEA AQUAの純正の後輪です。左右でスポークの長さが違っています。

IMG_6628.JPG

DT SWISSのスポークの記事でもご紹介した通り、今回購入した後輪のスポークは
左が294mmで右で292mmと、左側が2mm長くなっています。


組み立てと振れ取り

それでは、前輪と全く同様に仮組みをしていきます。組み方は6本組のイタリアンです。
前輪で失敗したこともあり、大分コツがわかったので、仮組みは10分程度で終わました。

IMG_6622.JPG

振れ取り台にセットして、マイナスドライバでネジ山が隠れるくらいまでニップルを締めていきます。
R側のスポークは、この時点で大分テンションが上がっています。

後輪のテンションは、L側とR側で異なります。L側がR側の6割程度になるのが基準なようです。
つまりR側が100kgfだと、R側は60kgfになります。

私は後輪もロードバイクの科学にならい、L側は60kgf、R側は120kgfをベースとしました。

IMG_6640.JPG

前輪の場合、L側とR側のテンションが均一になれば、理屈的にはハブは中央(左右対称)に
位置する事になると思いますので、テンションを上げていくのは簡単なのですが、後輪は
左右のテンションが違うので、あまり上記のテンションの基準値に囚われると、センター出しが
難しくなるように感じました。

なので、基本的にR側を120kgfに合わせてハブのセンタリングをL側のテンションで合わせる
ように進めました。

IMG_6642.JPG

センター出しはあまり振れ取り台に頼らないようにしています。
振れ取り台でのヨコ振れの振れ取りの作業は、面を均一にする事に集中し、あくまで
センター出しはセンターゲージを使います。

IMG_6637.JPG

調整を続ける事、3時間くらい経ったところで完成基準の、振れが1mm以内とテンションが±10%以内になったので、後輪完成です![わーい(嬉しい顔)]

IMG_6647.JPG


ホイール重量

さて、お楽しみの重量計測です。一体どれくらい軽くなったでしょう?
先にORBEA AQUAの元々ついていた後輪の重量を計ります。
リムテープとクイック付きで1299gでした。

IMG_6654.JPG

次に手組みホイールの方です。
リムフラップとクイック付きの状態で、1102gになりました。

従い、後輪は1299g-1102g= 197g の軽量化になりました。

前輪が1060g―876g= 184g の軽量化だったので
前後合わせて381g 軽くなりました![わーい(嬉しい顔)]

IMG_6656.JPG


いよいよ完成

もう、 あとはバイクのフレームに取り付けたら終わりです。
とりあえず今回、スプロケットと、タイヤ、チューブは既存のものを使い回します。

この為にわざわざ購入した、ロックナット外しとスプロケットリムーバーで外します。
両方ともBBBのツールです。ロックナット外しは、作業のし易さでレバー付きのものを選びました。
楽天のアトミックサイクルさんで超お買い得価格です。とても使い易かったです。

IMG_6651.JPG


で、バイクにホイールを装着して、出来ました!

フロントです。
IMG_0001.JPG

フロント(上から見た)です。
IMG_6666.JPG

フロントです。 分かりにくいですね。。
IMG_6675.JPG

後輪です。
IMG_6671.JPG

またもや後輪です。
IMG_6672.JPG

後輪からの全景です。
IMG_6683.JPG

ハブが黒くなったので、ちょっと締まって見える感じです。
AQUAオーナーでないと、到底気づかないと思いますが。。


ここまで、前輪と後輪を合わせて約8時間の作業となりました。
休日が丸一日つぶれるような時間です。

写真を撮りながらの作業だったので、ついつい写真を撮るのを忘れるほど

没頭してしまったり、頭の中が記事の構成の事で一杯だったりと色々大変でした。
何より、手組みの記事を書く時間のほうがホイール製作の時間より長かったりして・・・


それにしても、手組みホイールの自作、想像以上に楽しかったです![わーい(嬉しい顔)]
少しずつ少しずつスポークを整え、完全な真円のバランスを持ったホイールを両手で
持ち上げた時の感動は、ちょっと例え難いものがあります。


次回の記事は走行テストになります。
ちゃんと走るのか!?  楽しみです[わーい(嬉しい顔)]


ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! (SJセレクトムック No. 66)
ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! (SJセレクトムック No. 66)
おすすめ平均
stars自転車乗りが本当に欲しい情報満載
stars群を抜いた出来の本
stars自転車の楽しさに溢れた本
stars■理想的理論書。目から鱗落ちまくりです!
stars科学の視点で日常を面白く。エンジニアニングの原点を体現した本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 



[晴れ]このブログはにほんブログ村に参加しています。応援よろしくお願いします[晴れ]
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント(3)  トラックバック(0) 

コメント 3

morisoba

はじめまして!
私も以前からホイール組みには興味があったのですが、必要な道具も多そうで、組むに至ってませんでした。
今回のレポート、大変参考になりました。
いずれそのうち挑戦してみます。
by morisoba (2009-10-02 21:01) 

pandahead

morisobaさん>
ご訪問いただき、ありがとうございます。
手組みホイールの記事、ご参考になりましたら幸いです。

・・って、ORCAの組み立てすごいですね!しかもDi2!
全部、ご自分ですか?

by pandahead (2009-10-03 13:18) 

morisoba

ホイール以外は自分で組みました(笑)
いや、ホイールの方が難しそうですよ。
by morisoba (2009-10-03 23:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。